森林環境の別荘とメンテナンス

自然のなかにたたずむ別荘というのは魅力的なものですが、定期的なメンテナンスをしないと、建物の傷みを早めてしまい、せっかく訪れたのにいつの間にか人が生活できる状態ではなくなってしまっていたということがあります。こうした別荘特有の問題のひとつとして、雑草や落ち葉の問題が挙げられます。


森林のなかにある別荘地では、秋になると周囲の樹木が紅葉を始めて、やがて落ち葉が建物の屋根などに堆積します。

コンプレッサーの買取情報ならこちらをご利用ください。

これをそのまま放置してしまうと、腐食して雨漏りの原因になってしまうことがあり、そうではなくても雨樋のなかに入り込んで雨が流れない原因ともなってしまいます。



樹木そのものが枯れて建物に覆いかぶさってしまうこともあり、こちらは放置すれば重さに耐えかねた建物が崩壊してしまうことにもつながりかねません。

また、森林環境では湿気がたいへん多いという事情がありますので、冬場にオイルタンクなどに結露水が溜まってしまい、給湯装置や暖房装置が利用できないといったこともありますので、定期的な水抜きも重要であるといえます。



建物の結露については、新築設計の段階からある程度見込んで対策を練っておくことも必要ですし、換気を十分にするなどのメンテナンスも求められます。多くの別荘地では、現地に管理事務所があり、職員も年間を通じて常駐していますので、お金はかかりますが、こうしたところにオフシーズン中のメンテナンスを委託するという方法もあります。